虚構新聞へのリンクテキストを分かりやすくするユーザースクリプト

虚構新聞へのリンクテキストの先頭に「虚構新聞 → 」を追加するユーザースクリプト「Damasarenize」を書いた。Firefox と Google Chrome で動作を確認している。

短縮URLにも一部対応している(t.co、bit.ly、fb.me、goo.gl、ow.ly、j.mp、htn.to、tinyurl.com)。インストール後に『虚構新聞の偽記事「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」にだまされて怒ってる人たち - NAVER まとめ』を見ると分かりやすい。

コーディングに際しては「DOM Mutation Events は非同期にして使おう - JavaScriptで遊ぶよ - g:javascript」を参考にしたが、センスの悪い書き方になっているかもしれない。お気づきの方はご指摘いただければ幸いです。

Ver. 0.1.1 (2012-06-03)
短縮URLリンクのhref属性値をリダイレクト先URLで置換するよう変更(無効にするには REPLACE_HREF を false にする)
Ver. 0.0.9 (2012-05-29)
dlvr.it の短縮URLに対応
スクレイピングしたURL文字列のHTMLデコード処理が抜けていたバグを修正
短縮URLの展開結果を sessionStorage に保存するよう変更(連想配列に保存していた)
Ver. 0.0.7 (2012-05-21)
www.kyoko-np.net に対応(kyoko-np.net にのみ対応していた)
tinyurl.com の短縮URLに対応
Ver. 0.0.6 (2012-05-18)
Google Chrome に対応(Firefox にのみ対応していた)
Ver. 0.0.3 (2012-05-17)
htn.toの短縮URLに対応
Ver. 0.0.1 (2012-05-16)
公開

PHP4.4.9のパッチを頼まれて書いた話

3月上旬、あるドイツ人から「PHP4.4.9のパッチを書いてくれないか」という相談メールが届いた。「2週間以内にPHPのあるバグをふさがなければならないのだが、Cの知識がないので、バグ報告者であるiwamotにパッチを書いてほしい」というのだ。

「私だってCの知識はないし、PHPのコーディングを工夫すればバグをふさぐ必要もない」などと返したのだが、どうしても書いてくれというので、「うまく書けるかどうか保証はできないし、そもそも期日に間に合うかどうかわからない」と断ったうえで、トライすることにした。どこの馬の骨だかわからない私に頼るぐらいだから、そうとう切羽詰まっているのだろう。

パッチはなんとか書けたので、先方に送り、テストしてもらった。「意図どおりに動いているので、これを使うことに決めた」との返事が来た。

先方はずいぶん喜んでくれたようで、「報酬としてiPadを送ろうか、iPad 2がいいか、それともGalaxy Tab 10.1Nにするか」などと提案してくれた。だが、私は「今度ドイツに行ったときにランチをおごってくれるだけでいいよ」と冗談めかして返した。正直にいえば、住所を教えるのが怖かったのだ。

「そのかわり、パッチを公開していいか?」と聞いたら、「6週間待ってくれ、そして自分の素性は明かさないでくれ」との返事だった。それで今日書いたのがこの記事である。

記事検索
Twitter