変更に強いWeb-MVC

Railsのコントローラについて、しっくりこない点があった。たとえば、下記のようなコード。

class ExampleController < ActionController::Base
  def show
    @data1 = ExampleModel1.find params[:key1]
    @data2 = ExampleModel2.find params[:key2]
    @data3 = ExampleModel3.find params[:key3]
  end
end

これだと、ビュー側で @data3 の表示が不要になったときに、コントローラのコードをいじる必要が生じる。厳密にはいじらなくてもよいが、いじるかどうか検討する必要は生じる。変更に弱い、ということだ。

ビューがモデルを直接参照していれば、そうはならない。本来、MVCではビューがモデルを参照するのが当たり前。WebアプリのMVCモドキでも、そうするメリットがあるのだ。

結局、コントローラの仕事は「モデルの更新、ビューの決定」のみに留めるべきだと思う。モデルの参照はビューの仕事。


モデルの変更や出力に関わるバリデーションをコントローラで行うのも、変更に弱いやり方だろう。たとえば(必須項目が漏れているなどの)モデルの更新に関わるものであればモデルに任せればよいし、(表示ページ番号などの)出力に関わるものであればビューに任せればよい。コントローラがバリデーションすべきは、更新対象となるモデルや、出力処理を任せるビューを決めるためのパラメータだけだ。

実際には、そのようなパラメータはほぼ使われないだろう。更新対象となるモデルや、出力を任せるべきビューは、アクションごとにおのずと決まるはずだ。つまり、コントローラでバリデーションすべきパラメータはまずない、ということだ。

TDDになじめない

ここ数日、TDDするかどうかの判断基準とは何か考えていた。結局、TDDしたほうがコードが早く完成するのならTDDすべきだし、そうでないならTDDすべきでないという結論に落ち着いた。

ぼくの場合、TDDしないほうが、コードが早く完成する傾向にあると思う。神経質なので、一度テストを書き始めると、完璧なテストケースを作らないと気が済まなくなる。そして、完璧なテストケースとは何かを考え始め、わけが分からなくなってしまう。コードはいつまでも完成しない。

もちろん、完璧なテストケースは、TDDのテストとは別のものだ。それは知っている。ユニットテストを書く段階で、与えられた期間などのリソースを考慮し、必要十分なテストを書けばよいだけの話なのだ。

頭ではそう理解できているのだが、いざTDDしようと思うと、気持ちが完璧なテストケースのあれこれに傾いてしまう。やはり、TDDはぼくには向いていないのだ。


久々にTDDについて考えてみたのは、TDD Boot Camp(TDDBC) - TDDBC仙台03/課題を読んだからだった。

たとえば課題1は、TDDしなくても、ぼくは特に不安なく開発できる。ぼく以外にも、そういう人は多いだろう。

だが、課題1の適切なユニットテストとはどういうものかと考えると、これがなかなか難しい。ぼくが身につけたいのは、TDDのスキルより、限られたリソースの中で必要十分なユニットテストのテストケースを書くスキルだ。数をこなすしかないか。

記事検索
Twitter