Rails3アプリ on Herokuの転送量削減メモ

Herokuで公開したRails3アプリ(むびりす)が少し重いので改善したくなった。まずは転送量を削減してみる。

前提

  • 30分ごとにpingし、アイドリングを防いでいる
  • Asset Pipelineはもともと有効

やったこと

  • heroku-deflaterを入れて圧縮転送を有効に
  • OptiPNGで圧縮したPNG画像に差し替え
  • 「config.static_cache_control = "public, max-age=2592000"」とした
    (assetsを30日間キャッシュ。デフォルトではCache-Controlヘッダが出力されない)
  • 動的ページのうち可能なものは「Cache-Control: max-age=0, public, must-revalidate」とした
    (デフォルトでは「max-age=0, private, must-revalidate」)

結果

描画のもっさり感が減った。むしろ、サーバの処理待ちが気になる。今度はアクションキャッシュによる処理時間の削減を試してみたい。

観たい映画管理アプリ「むびりす」を公開

公開しました。

RailsとBootstrapで作ったもので、Heroku上のUnicornで動いています。使ったことのないツールばかりあえて使ってみたわけですが、挫折せずに公開できてよかった。

ユーザ認証を無しにした点や、操作を極力簡単にした点は、タスク管理アプリの「Daily Todo」に影響を受けています。

そのうちAjax対応するつもりです。

追記

ちょっと不便だったので、Twitter認証に変更しました

記事検索
Twitter