2012年04月

PHP4.4.9のパッチを頼まれて書いた話

3月上旬、あるドイツ人から「PHP4.4.9のパッチを書いてくれないか」という相談メールが届いた。「2週間以内にPHPのあるバグをふさがなければならないのだが、Cの知識がないので、バグ報告者であるiwamotにパッチを書いてほしい」というのだ。

「私だってCの知識はないし、PHPのコーディングを工夫すればバグをふさぐ必要もない」などと返したのだが、どうしても書いてくれというので、「うまく書けるかどうか保証はできないし、そもそも期日に間に合うかどうかわからない」と断ったうえで、トライすることにした。どこの馬の骨だかわからない私に頼るぐらいだから、そうとう切羽詰まっているのだろう。

パッチはなんとか書けたので、先方に送り、テストしてもらった。「意図どおりに動いているので、これを使うことに決めた」との返事が来た。

先方はずいぶん喜んでくれたようで、「報酬としてiPadを送ろうか、iPad 2がいいか、それともGalaxy Tab 10.1Nにするか」などと提案してくれた。だが、私は「今度ドイツに行ったときにランチをおごってくれるだけでいいよ」と冗談めかして返した。正直にいえば、住所を教えるのが怖かったのだ。

「そのかわり、パッチを公開していいか?」と聞いたら、「6週間待ってくれ、そして自分の素性は明かさないでくれ」との返事だった。それで今日書いたのがこの記事である。

リリースチェッカーのサーバを「さくらのVPS 1G」に乗り換えた

リリースチェッカーのサーバを「さくらのVPS 512」から「さくらのVPS 1GB」に乗り換えた。先日さくらのVPSサービスがリニューアルされ、同じ利用額でメモリ1GBのプランが使えることになったのだ。「さくらのVPS 512」をそのまま使っていても、メモリはそのうち増強されるようなのだが、HDDの容量追加まではないらしい。せっかく乗り換え優遇施策もあるので、乗り換えることにした。

乗り換えはとくに苦労なく済んだ。小さなサービスなので当然ではある。PHPアクセラレータのAPCを入れているが、キャッシュのサイズは1MBにも満たない。

勉強用に「さくらのVPS 512」をもう1台使ってきたのだが、そちらは「さくらのVPS 2GB」に乗り換えるつもりだ。

記事検索
Twitter