2014年03月

AtCoder Beginner Contest #005に参加した

初参加。C問題まではなんとか解けたが、D問題は部分点すら取れなかった。情けないが、これが僕の実力なのだから仕方がない。少なくともビギナーレベルは卒業できるよう、勉強しなければならない。

「41歳のおっさんが勉強ってw」と笑われるかもしれないが、ぼくは現役のプログラマであるし、どんなに老いても、可能な限りプログラミングを続けるつもりなのだ。むしろ体力の落ちていく今後こそ、プログラミング力が問われる場面が増えるに違いない。

プログラミング力を測るもっとも分かりやすい指標は、プログラミングコンテストの結果だろう。これを伸ばそうと思うのは、プログラマならば当然のことだ。

CodeIQPaizaのように、実力が転職に結びつくケースもある。勤めている会社と自分の寿命、どちらが長くなるか分からないのだから、会社の死に備えておいたって何も悪くはない。むしろそうした努力こそが勤務先の寿命を延ばすのに有用かもしれないのだ。

プロクシに合わせてやる話とか

クエリストリング付きのURIのレスポンスをキャッシュしてくれないプロクシがあるのは知っていたが、Webサイト提供側の立場で改めて考えると「いやいや黙ってキャッシュしてくれよ」と思わないでもない。とはいえプロクシ側はプロクシ側で色々大変なんだろう。仕方ない、そちらに合わせてあげようか、てなもんである。

「Expiresは1年後未満に」という話や、「Last-Modifiedは実際の最終更新日時を」という話は、どちらも「SHOULD」レベルだから、好きにしたらいいと思う。それともクエリストリングの件みたいに、何か弊害があるんだろうか。

記事検索
Twitter