2014年10月

医療情報技師能力検定試験に合格した

8月24日に受検した医療情報技師能力検定試験、無事合格した。情報処理、医療情報システム、医学・医療の3科目とも、初めての受検で一発合格だった。

受検を考えたのは、医療機関向けのシステムを作っているのに、医療に関する知識が不足しているのが情けなかったため。受検勉強を通じて、少しでも知識を身につけられればと思った。その目的はある程度達成できたと思っている。


受検当日、市ヶ谷の受験会場のビルに着いたら、入場待ちのかなり長い行列ができていた。歩道を途中で折り返している。仕方なく最後尾につき、じりじり入口まで近づいたころ、スタッフが「階段だと並ばずに上れます」と教えてくれた。なんと、エレベーター待ちの列だったのだ。何階まで上るかは受検者ごとに異なるそうで、受検番号を見せたら、「3階ですね」とのこと。もっと早く教えてよと思いながら、階段を上った。

午前の情報処理科目は、本業であり、過去問(『医療情報技師能力検定試験過去問題・解答集〈2014〉』)を少し解いたら簡単そうだったので、特に勉強はしなかった。昼食の混雑が予想されるため、さっさと解いて、ひとより早く教室を出る(あせって問題用紙を持ち出し忘れたのが心残り)。僕が食事を終えて喫茶室ルノアールを出るころには、やはり入店待ちの列ができていた。

午後の医療情報システム、医学・医療科目は、過去問では、ぎりぎり合格線上だった。『医療情報サブノート』を買い、ざっと目は通したものの、出題範囲が広く覚えるべきことが多いため、最後まで自信が持てなかった。ダメならまた来年、と肩の力を抜いて臨んだのがかえってよかったのかもしれない。

情報システム学会に入会した

情報システム学会に入会した。IT技術者のウェル・ビーイング研究会が気になっている。

情報処理学会、プロジェクトマネジメント学会、日本データベース学会に続き、これで4つめの学会入会となる。籍だけ置くのではなく、積極的に講演会や研究会に参加していきたい。

追記(2017-04-01)

2017-03-31をもって退会した。当初の意気込みのような活動がまったくできなかったからだ。あれこれ手を出しても中途半端になってしまうので、やることを絞るのが今後の課題だろう。性格的に無理そうな気もするが。

情報検定(J検)情報システム試験・プログラミングスキル、システムデザインスキルに合格した

9月14日に受験していた情報検定(J検)情報システム試験の合否が本日発表された。受験した2科目(プログラミングスキル、システムデザインスキル)とも合格だった。

ITエンジニアの卵が受けるような試験なので、受かって当然だが、プログラミングスキルについては、それなりに難しく感じた。予想通り、合格率が前回の73.2%から38.3%に落ちている。

なお、以前予告した設問の不備の指摘は、後日あらためて書きます。


受験した理由は、例によって大学の単位に振替できるから。

下表は単位数のまとめ。カッコ内は、インターネットメディア授業かスクーリング授業で取得すべきもの。

卒業に必要な単位数124(30)
2年次編入時に一括認定された単位数30(8)
資格認定された単位数12(0)
資格認定される予定の単位数4(0)
2年次前期試験1で取得した単位数14(4)
2年次前期試験2で取得した単位数6(0)
残り単位数58(18)
プロフィール
知識欲と謎解き欲が旺盛なWebエンジニア。AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト。JAPAN MENSA会員
記事検索