2018年06月

今週の学習進捗 (2018-06-18 〜 2018-06-25)

このブログの「今週の学習進捗」カテゴリでは、ぼくがいま何を勉強しているのか、そして、どこまで進んだのかを公開しています。


1. 高校数学標準講義

機械学習などを学ぶのに有用かと思い、高校数学を動画で復習しています。

先週までに完了したもの
数学I、数学A、数学Cの第1章、数学Bの第1章「15. Σ記号の基本 数学的に厳密な定義」まで
今週の進捗
趣味のプログラミングを優先したため進捗なしです。

2. 世界遺産検定1級試験の受験準備

7月8日の受験に向けて準備しています。

先週までに完了したもの
学習アシスト動画、公式テキストをつまみ食い
今週の進捗
引き続き、公式テキストのうち興味のあるテーマを読み進めています。古代文明、近代建築などです。

3. 社会人のためのデータサイエンス入門

データサイエンスに興味があるので受講しました。4週間のコースです。

今週の進捗
「Week4:公的データの使い方とコースのまとめ」を終えました。今週で終わりです。得点率60%以上の修了条件は満たせました。

論述の苦手なぼくがプロジェクトマネージャ試験に合格できたのは

4月15日に受けたプロジェクトマネージャ試験、合格していました。午前1は免除、午前2は96点、午後1は75点、午後2はA評価という成績でした。

この記事のタイトルの通り、ぼくは論述式試験に苦手意識があります。実際、過去に受けたシステムアーキテクト試験では、2回とも午後2で不合格(B評価、C評価)でした。

さすがにC評価にはがっくり来たので、なぜそんな結果になってしまったのかと振り返ってみました。そして、ひとつの結論に至りました。問題を読んですぐに解答を書き始めたのが敗因だった、と。

午後2試験では、設問ア、設問イ、設問ウについて、一貫性のあるストーリー展開で論述しなければなりません。「◯◯という課題があって、◯◯という対策をした。自己評価すれば◯◯だ」という流れです。

たしかに、すぐに書き始めれば時間の節約にはなります。が、設問イに答える段階で設問アとのつじつまが合わなくなってしまい、最初から書き直すのはもう無理、という結果になりがちです。

したがって、設問アから設問ウまで矛盾なく描けるストーリーを考えてから論述を始めるのが正攻法となります。急がば回れです。

今回のプロジェクトマネージャ試験では、その正攻法で合格できました。10分かけてストーリーを考えた結果、過去の受験時よりも速く書き終えられたのには、自分でも驚いています。今秋のシステムアーキテクト試験には、同じ方法でリベンジしたいと考えています。

docker-phd-ja、進捗を色付き表示させたり、PHP 7系に移行したり

PHPマニュアル日本語版ビルド用Dockerイメージ、ブラウザだけでビルドできるようにしたのは既報の通りですが、進捗が色付きで表示されるようになりました。

phd-build-color

だんだんそれっぽくなってきましたね。E_WARNING が出ているのは、ビルドツール(PhD)のバグが原因のようです。しばらく待っても直らないようなら、くわしく調べてみます。

その他の変更点

PHP を 5.6.36 から 7.2.6 に移行しました。「PHP manual generate HOWTO (version 2018-06-16) - mumumu の日記」で、PHP 7系でも問題なくビルドできると知ったためです。

また、内部的な話ですが、nginx や supervisor などのインストール処理をベースイメージ側に移動しました。

4日前の記事で:

ビルドの速度を追求するなら nginx のインストールなども別イメージのほうに移すべきなのですが、CI に特化したイメージを作るのは主客転倒な気がしています(もっと遅くなったら考えが変わるかもしれません)

と書いたものの、だんだんビルドの遅さが気になるようになりました。イメージ分割の論理性にこだわる必要はないと判断し、あっさり移した次第です。

関連リンク

プロフィール
知識欲と謎解き欲が旺盛なWebエンジニア。AWS認定ソリューションアーキテクト&デベロッパー(いずれもアソシエイト)。JAPAN MENSA会員
カテゴリ別アーカイブ
記事検索