1月5日に初出勤。VM上のUbuntuに開発環境を作った。Subversion リポジトリからソースをチェックアウトして、Redmine のチケットを眺める。Rails のビューをいじって、翌日コミット。さっそく本番環境に反映された。文言修正レベルだけれど、楽しくて仕方がない。

現職では、ありがたいことに、リーダー候補として扱っていただいている。前職での肩書と年齢からだろう。さっそく色々なミーティングに参加した。ただ、新参者が偉そうな口を叩くのはみっともない(口ばかりのことが多い)と思っているので、ほとんど発言はしていない。しばらくはこんな感じか。

ネット上のサービスを作るのは、僕にとって初めて。社内ではUUやPVといった言葉が飛び交い、今後携わるのはシステムではなくメディアなのだと実感した。これまで仕事では1台のサーバでさばける程度の業務システムしか作ってこなかったので、技術的にかなり鍛えられそう。