以前から、人間と同じように夜眠るWebアプリがあってもよい、いや、あってもよいどころか、むしろかわいいんじゃないか、と思っていました。

6月にHerokuの無料枠が変更され、1日に18時間しか起動できなくなるそうなので、これを機に、Herokuで運用している自作Webアプリの「むびりす」を毎晩眠るようにしてみました。

今のところ、開発機のcronで寝かせたり起こしたりしています。

# 0時になったら寝かせる
0 0 * * * cd /path/to/app; heroku maintenance:on
1 0 * * * cd /path/to/app; heroku ps:scale web=0

# 7時になったら起こす
59 6 * * * cd /path/to/app; heroku ps:scale web=1
 0 7 * * * cd /path/to/app; heroku maintenance:off

寝かせている間のメンテナンス画面は、http://a.noare.net/mvls/503 に置いているものです。

$ heroku config | grep MAINTENANCE_PAGE_URL
MAINTENANCE_PAGE_URL:           http://a.noare.net/mvls/503

普通のWebアプリだとこうはできないと思いますが、公開から2年経ってもユーザが2名だけ(ぼくと妻)だったので、躊躇なく進められました。さて、ぼくは喜ぶべきなんでしょうか。