昨年に続き、8月6日から7日にかけて、中小企業診断士1次試験を受験してきた。本日8日、正答が発表されたので、自己採点してみたところ、下記の結果となった。

科目名自己採点結果
経済学・経済政策64
財務・会計免除
企業経営理論65
運営管理(オペレーション・マネジメント)62
経営法務55
経営情報システム64
中小企業経営・中小企業政策60

1次試験の合格条件は「全科目の平均点が60点以上、かつ、40点未満の科目がひとつもないこと」なので、回答の記入ミスなどがなければ合格しているはずだ。

勉強は独学で、『出る順中小企業診断士 FOCUS1次テーマ別問題集』を通勤・退勤時に読むのが主だった。この問題集が出ていない「中小企業経営・中小企業政策」科目は、評判のよい『中小企業診断士 スピードテキスト (7) 中小企業経営・中小企業政策 2016年度』を読んだ。

本業のシステム科目については、昨年合格していたのだが、平均点の底上げを狙ってわざと免除しなかった。それなのに64点って。

2次試験の準備はまったくしていない。1次合格の翌年までは受験資格があるので、来年の合格を目指そうと思っている。

追記(2016-09-07)

本日、1次試験の合格証書が届いた。2次試験の勉強をぼちぼち進めている。