また年末ですって。速すぎますね。そんな過去最速の今年、ぼくの身に何が起こったのか振り返ってみます。


転職

2月に、3年連続となる転職をキメました。いや、連続記録のための転職ではないです。より楽しそうな方向に動いた結果、こうなっただけ。

入社後は、既存システムのマイクロサービス化と、検索システムの内製化に取り組みました。いずれも本番環境にリリース済みです。いい気分で年が越せそう。

新たに触れた技術要素としては、Python、Flask、CakePHP、Docker、CircleCI、AWS (Lambda / API Gateway / CloudFront)、Google App Engine、Elastic Cloud がありました。仕事でさわれるのはありがたい限りです。


大学卒業

3月、通信制の北海道情報大学を卒業しました。44歳にして、ようやく高卒から卒業できました。

入学したのは3年前、2014年の4月です。2年次に編入したので、3年間での卒業が目標でした。達成できて満足です。

とはいえ、卒業可能な単位は昨年のうちに取れていたので、あまり実感がないのが正直なところ。卒業しても、勉強は続けます。


資格・検定

今年は情報処理技術者試験との相性がよかったですね。4月に受けたエンベデッドシステムスペシャリストと、10月に受けたネットワークスペシャリスト、どちらも合格できました。ネスペは昨年1点足らずに不合格だったので、特にうれしいです。そんなわけで、合格済みのデータベーススペシャリストと合わせ、スペシャリスト系3種がコンプできました。

また今年は、もともと自信のある国語力を、より高めようとした1年でもありました。結果、日本語検定で「読売新聞社賞 最優秀賞1級」を受賞したり、日本語教育能力検定試験に合格したりできました。「そのわりにブログの文章スカスカじゃね?」とか言わない。


映画

劇場で観た映画は45本でした。特に好きなのは『幸せなひとりぼっち』と『帝一の國』。ああ、思い出したらまた観たくなってきた。

また「午前十時の映画祭」で観た『アメリ』も、評判通りの面白さでした。以前は映画を観る習慣がなかったので、午前十時の映画祭のような企画はありがたいですね。贅沢をいえば、これが「午後三時の映画祭」だったら、早起き不要で、さらにありがたいんですが…。


締めの挨拶

ぼくを支えてくださっている関係者の皆様、ブログ読者の皆様、そして家族(妻・犬・うさぎ)のみんな、今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

といいつつ、大みそかも更新予定です。