これまでのあらすじ

本題

TKP新宿カンファレンスセンターで、ウェブデザイン技能検定1級の実技試験を受けてきました。疲れました。

受検者数はぼくを含め8名でした。合格発表は3月9日とのことです。力は尽くしたので、よい結果だとうれしいですね。

午前:ペーパー実技(1時間)

午前はペーパー実技試験です。10時10分に試験の説明が始まり、試験時間は10時30分から11時30分まで。内容は過去問題とほとんど同じで、下記の内容でした。

  1. ワイヤーフレーム、デザインモックアップの作成
  2. サイトマップの作成
  3. 遷移図の作成
  4. テーブルの正規化
  5. 表示崩れの修正点を3つ指摘

こう書くと簡単そうなのですが、過去問題の正答例が公開されていないため、プログラマのぼくにとっては、1番から3番はどう書いたらよいのか、雲をつかむような感じなのです。それでも自分なりになんとか書き上げました。続く4番は本業なのでさくっと完了。5番は終了寸前まで悩んだものの、修正点を3つとも指摘できました。ぼくは5番の問題が好きです。新人教育に使えそうな気がします。

午後:作業実技(3時間)

お昼休憩をはさみ、午後は作業実技。12時30分に試験の説明が始まり、試験時間は13時から16時まで。こちらも過去問題とほとんど同じで、下記の内容でした。

  • 要件を満たすウェブサイトの作成
  • ロゴ画像の作成
  • トップページ用ビジュアルイメージの作成
  • データベース連携処理の実装

ノートPCは会場のを借りました。本番開始後、指定のフォルダにHTMLファイルを置いてもHTTPD経由でアクセスできず焦ったのですが、係の方によるVMの再起動で直りました。心臓に悪い…。

他に詰まった点としては、Photoshopでの画像のトリミング方法を知らずに四苦八苦したこと、PHPからMySQLに接続するのに手こずったことがありました。後者は恥ずかしながら、DSNの記述ミスが原因でした。PDOで普通につながります。

15時くらいから尿意との戦いが始まり、とはいえデータベース連携処理がまだ実装できておらず、いったんトイレに立とうかどうしようか、かなり悩みました。しかしトイレに立ってしまうと、試験時間内に実装が終わらない可能性があります。ぐっとこらえて実装を進め、15時45分くらいに作業が完了したので、係の方に終了したい旨を告げ、会場を後にしました。終了時間の10分前までは退室可能なのです。会場が狭く、退室時には周囲の受験者に迷惑をかけてしまいました。この場を借りてお詫び申し上げます。


受検を考えている方向けのメモ

  • 定規と英和・和英辞典は持ち込み可
  • 午前の解答用紙は10枚。バラして使える(ホチキス止めなので深爪に注意)
  • 全体的に要件が曖昧なところがあり、忖度が必要(実務に近いのかもしれません…)
  • お昼にコーヒーを飲むのはお勧めしません