笹塚の消防試験研究センター中央試験センターで、危険物取扱者乙種第4類(乙4)試験を受けてきました。結果はまだ知らないのですが、たぶん合格しているんじゃないかと思います。

危険物に縁のないぼくが乙4を受けようと考えたのは、ITエンジニアとして食えなくなったときの保険を意図してのことでした。ぼくはいま45歳で、60代までITエンジニアとしてやっていきたいと思っています。ただ、やっていける自信はあるものの、世間がそう評価してくれるかどうかはわかりません。何が起きてもいいように、シニアでも食えそうな資格を少しづつそろえていくことに決めたのでした。

勉強を始めたのは昨2018年の年末です。1ヶ月ほどで、下記の2冊を1周ずつしました。


乙種4類危険物取扱者試験 平成30年版

公論出版 (2018-02-15)
売り上げランキング: 1,547


最初は覚えることの多さにたじろぎましたが、勉強を進めるうち、高校時代に習った化学の記憶がよみがえってきて、気分が乗ってきました。ガテン系に興味がなくても、理系の方なら楽しく学べる資格だと思います。勉強期間は2ヶ月くらいが適当かなと感じました。

もし受験される場合は、試験後に免状申請用の封筒が持ち帰れるので、大きめのバッグを持っていくとよいでしょう。ぼくは小さなバッグしか持っていかず、失敗しました。

試験地ではすでに合格者の受験番号が掲示されているはずです。が、ネットでの発表は明日の正午とのことです。首尾よく受かっていたら、他の乙種も、その先の甲種も狙ってみたいと思っています。


追記(2019-02-03)

無事合格していました。