北海道情報大学・通信教育部

大学から学位記と記念品が届いた

先日、北海道情報大学から学位記と記念品が届いた。本当に卒業したんだなと、あらためてしみじみする。

学位記

記念品はシャチハタのネームペン。自分の名前のハンコが付いているのかと思ったら、別途注文が必要だった。

大学の卒業が承認された

北海道情報大学の通信教育部より、卒業が承認されたとの連絡が届いた。2014年4月に2年次に編入し、無事3年間で卒業ということになる。

卒業単位取得が確定した際にも書いたが、もしも1年目が在宅勤務でなかったら、3年間では卒業できなかっただろう。1年目は40単位も取れたが、通勤が必要となった2年目は22単位、同じく3年目は12単位しか取れなかった。

北海道情報大学には資格認定制度がある。この制度がなければ、卒業はさらに遅れていただろう。もともと合格していた情報セキュリティスペシャリストで6単位、ディジタル技術検定に合格して4単位などと、気づけば22単位も稼いでいた。

あとは学生証を郵送で返せば終わり。結局、大学には一度も足を向けなかった。

記事検索
Twitter