情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士と情報処理学会をやめた

  • 情報処理安全確保支援士の登録消除届出書をIPAに出した。現時点では登録のメリットが感じられなかったため。
  • 情報処理学会を退会した。何の活動もできていなかったため。

ぼくの短所は、本気で取り組む気概もないのに、衝動的にいろいろ手を出す点だと思っている。プログラミング講師も、OSSマニュアルの翻訳も、ウェブデザイン技能検定の検定委員も、もはや何も取り組めていない。いつも他のことに興味が移って、二の次になってしまうのだ。

ぼくが今、家族以外の誰かの役に立っているとしたら、本業のお客様や同僚たち、そしてリリースチェッカーのユーザの皆様くらいだろう。ならば、何よりそれらの方々のために尽力すべきなのだ。というわけで、遅きに失した感はあるものの、広げすぎた風呂敷を畳むことにした次第。

情報処理安全確保支援士公開システムのありがたい点

今朝10時、情報処理安全確保支援士公開システムがオープンしました。ということで、さっそく自分の公開情報を設定してみました。

システムの主旨とは違うかもしれませんが、ぼくにとってありがたいのは、資格を本当に持っていると証明できる点です。合格証明書を有償で取り寄せるのはそれなりに手間なんですよね。

情報処理安全確保支援士のオンライン講習Bを受講しました

情報処理安全確保支援士のオンライン講習Bを受講しました。昨年受けたオンライン講習Aと同じく、6つの単元をスライドで学び、すべての小テストに合格すれば終了となる形式でした。標準学習時間は6時間です。

各単元の内容は以下の通りでした。

  1. 情報セキュリティの最新動向「情報セキュリティ10大脅威」
  2. 「セキュリティ設定共通化手順SCAP」概説【前編】
  3. 「セキュリティ設定共通化手順SCAP」概説【後編】
  4. 脆弱性情報の読み方、扱い方
  5. ユーザ教育と内部監査
  6. 法令遵守・契約履行

来年はオンライン講習C、そして、いよいよ集合講習を受けることになります。

システム監査にも興味が出てきたので、来年春のシステム監査技術者試験の合格を目標に、勉強を始めようかなと思っています。先日受けたプロジェクトマネージャ試験に合格していればの話ですが…。

プロフィール
Web開発者。現在の関心事はシステム品質の改善(特に性能効率性と保守性)。JAPAN MENSA会員。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索