お金

スマホとマイナンバーカードで医療費控除の還付申告をした

PCでの試行錯誤を含め、2時間ほどかかってしまった。スマホのブラウザで国税庁 確定申告書等作成コーナーを開いて進めたら、わりとすんなり。次回はサクサク進められそう。去年はたまたま家族の医療費が多かっただけなので、次回がいつかになるか分からないけれど。

追記(2020-06-12)

昨日付で、還付金が銀行口座に振り込まれた。それなりの額だった。

医療費の少ない年でも、薬の購入額が1万2000円を超えればセルフメディケーション税制が使える。来年も忘れずに申告しよう。

東京ガスの料金をクレジットカード払いに変えた

東京ガスの料金支払方法を口座振替からクレジットカード払いに変えました。ちょっとだけ得だからです。

得といっても本当にちょっとで、月に50円ほどです。口座振替の場合、月に54円の割引があります。カード払いに変えると割引がなくなりますが、月に1万円以上払っているのでカードのポイントで元がとれるのです。

これで、カード払いにできるものはすべてしたことになります。水道料金や固定資産税は例外で、どちらもカード払いのほうがちょっとだけ損なので口座振替のままです。ともかく、ちゃんと見直してすっきりしました。

iDeCoの加入手続きが完了した

3月31日に加入申請書類を送ったiDeCo、昨日5月19日に楽天証券から「口座開設のお知らせ」が届きました。審査に1ヶ月半を要したことになります。

加入目的は老後への備えと節税です。節税額が気になる方は節税シミュレーションしてみることをおすすめします。

iDeCoでは運用商品を自分で選ばなければなりません。ぼくは下記のように配分しました。

山崎元さん推奨の「先進国6:TOPIX4」の指針を守りつつ、コストを抑えようと思えば、現状ではこの組み合わせしかなさそうです。本当は、eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)を選ぼうと目論んでいたのですが、そもそもiDeCoの取扱商品一覧に含まれていませんでした。この辺は事前に調べておくべきだったと反省しています。

プロフィール
Web開発者。現在の関心事はシステム品質の改善(特に性能効率性と保守性)。JAPAN MENSA会員。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索