ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定1級の学科試験に合格しました

前回までのあらすじ


本題

ウェブデザイン技能検定1級の学科試験に合格しました。公式サイトの合格者一覧 (PDF) によると、合格者は10名。一覧の最後の受検番号が「17311000048」であることから、受検者数は50名程度だったようです。

勉強に使ったのは下記の3つです。

まずは過去問題を解いたのですが、CSS3 と HTML5 の知識不足を感じました。取りこぼしが多く、合格点ギリギリの結果だったからです。

そこで、MOOCサービスの edX で、もう少し勉強することにしました。「CSS Basics」も「HTML5 Coding Essentials and Best Practices」も、W3C が提供しているコースです。W3C といえば、CSS と HTML の規格を策定している団体。ぼくの知識不足を補うには最適だろうと考え、これら2つのコースを選びました。

実際には「CSS Basics」は終えられたものの、「HTML5 Coding Essentials and Best Practices」の途中で試験日を迎えることになってしまいました。試験の難度を甘く見ていて、勉強を始めるのが遅かったのが反省点です。

実技試験は来年2月。一発合格できるよう、今回の反省点を活かして準備を進めます。


追記(2018-02-04)

実技試験を受けました

ウェブデザイン技能検定1級の学科試験を受検した

前回までのあらすじ


本題

ウェブデザイン技能検定1級の学科試験を、TKP新宿カンファレンスセンターで受検してきた。合格の自信は五分五分。

この学科試験、実務ではまず気にしないような観点からの出題が多い印象で、意外と難しい。3年分の過去問題を解いたが、いずれも正解率は合格基準の70%を少し上回る程度。今日の本番でも同様の手応えだった。

学科試験に合格していれば、来年2月の実技試験が受けられる。明日には正答が公開されるようなので、さくっと自己採点したい。

追記(2017-11-13)

正答(PDF)が公開された。自己採点したところ、38問正解だった。手応えどおりの結果。

ともあれ、実技は4時間の長丁場と大変なようなので、ぼちぼち準備を進めたい。

追記(2017-12-15)

無事合格しました

ウェブデザイン技能検定2級試験に合格した

2月に受検したウェブデザイン技能検定2級試験の合格発表が本日あり、学科・実技とも無事合格していた。

合格者一覧(PDF)で合格者数を数えてみたら93人しかいない。これは試験の難度が高いからではなく、受検者が少ないからだ。合格者の受検番号から推測するに、受検者は230人あまり。したがって合格率は4割程度だと思われる。

この試験、ぼくにとってはPhotoshopに初めて触れる良い機会となった。Web系のプログラマなら、少しの勉強で2級に合格できるはず。

プロフィール
Web開発者。現在の関心事はシステム品質の改善(特に性能効率性と保守性)。JAPAN MENSA会員。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索