ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定2級試験を受検した

ウェブデザイン技能検定の2級試験をKENスクール新宿本校で受検してきた。手応えとしては、午前の学科試験は若干不安、午後の実技試験はおそらく大丈夫、という感じ。

一昨年に3級に合格してから間があいたのは、時間をとって勉強しないといけないと思っていたからだ。なにしろ、実技試験に必要なPhotoshopなどのデザイン系ソフトを使ったことがないのだ。

しかし、それは取り越し苦労だった。覚悟を決めて受検を申し込み、いざPhotoshop CCの体験版を落として勉強を始めてみると、2級合格レベルの操作は数時間で習得できた。

学科試験

事前勉強はほとんどしなかった。ここ3回分の過去問題を解いたところ、いずれも合格基準の7割を超える結果だったからだ。

が、今回の試験内容は難化した印象で、冒頭に書いたように不安が残る。正答が明日公開されるらしいので、自己採点しようと思っている。

それでも試験時間60分のところを35分ほどで退室し、近所のルノアールで軽い昼食をとった。

実技試験

公式サイトで公開されている過去問題には素材データが付いておらず、CD-ROM付きの過去問題集を買って勉強する必要があった。ちょっと不親切な気がするが、仕方ないのだろうか。

学科試験の際、机に置かれていたノートPCに「CC無し」のテプラが貼られているのを見つけた。もしや体験版で慣れたCCではなく、別バージョンのPhotoshopがインストールされているのかと、気が気ではない。実際にはCCがインストールされていて、一安心だった。

試験内容は過去問題が少しアレンジされた程度で、試験時間120分のところ60分ほどで退室できた。おそらく大丈夫だろう。

追記(2017-02-20)

学科試験の正答が公開されたので自己採点した。2択の15問中13問が正解、4択の25問中23問が正解。ということで、合格基準には達していそうだ。よかった。

ウェブデザイン技能検定3級試験に合格した

ウェブデザイン技能検定3級試験に合格した。受験したのは8月30日で、本日10月1日に合格発表があった。

この検定試験はマイナーで歴史が浅く、累計合格者はもっとも簡単な3級でも7477人、1級は50人しかいない。

だが、国家資格であるとともに名称独占資格でもあり、合格者は「○級ウェブデザイン技能士」を名乗ることができる。オッス! おら3級ウェブデザイン技能士!

というわけで、合格できてよかったのだが、率直にいって、普通のWebプログラマなら勉強せずに受かるレベルの試験だと感じた。

午前の実技試験は、机上のノートPCで簡単なタスクを5つこなすだけでよい。試験時間60分のところが、10分で終わってしまった。開始から30分で退室できるのだが、通路(というか机と壁の間)がカニ歩きしなければならないほど狭く、他の受験者に迷惑をかけそうだったので、残りの45分、ひたすら心頭を滅却して過ごした。

午後の学科試験はマークシートで、45分のところが、5分で終わった。こちらは7割程度の受験者が開始30分で退室した。僕も心置きなく退室できた。

会場は麹町のクリーク・アンド・リバー社で、本当に狭かった。事前に把握しておくべき点はそのくらいだろう。

プロフィール
Web開発者。現在の関心事はシステム品質の改善(特に性能効率性と保守性)。JAPAN MENSA会員。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索