日本語検定

日本語検定の委員会賞を受賞しました

本日、日本語検定委員会より下記内容の郵便が届きました。

この度は、日本語検定を受検いただき、ありがとうございました。

貴殿におかれましては、日本語検定において1級を複数回認定され、「日本語検定委員会賞」を受賞されることとなりましたので、ここにお知らせいたします。

なお、受賞賞品は後日お届けいたします。

昨年6月11月に受けた1級試験にどちらも合格した結果、受賞の運びとなったようです。賞の存在は知っていましたが、なぜか3回合格する必要があるものと思い込んでいたので、少々おどろきました。

なお、日本語検定の今後の受検はしばらく控えようと思っています。他に優先したいことがあるためです。

日本語検定1級に合格しました(5ヶ月ぶり2度目)

前回までのあらすじ


本題

11月11日に受けた日本語検定の1級試験に合格していました。合否結果は12月6日に公式サイトに掲載されたようです。合格の自信があったので、掲載日をチェックするのを忘れていました。3日経ってから気づいた次第です。

得点などの詳細は、後日郵送される「個人カルテ」を見なければ分かりません。正確には、公開されている正答を見て自己採点すれば分かるのですが、それではカルテの楽しみがなくなってしまいます。なので、あえて自己採点していません。

今回は前回と違い、事前勉強せずに試験に臨みました。前回の手応えから、今回は勉強しなくても合格できる自信があったためです。ただ実際に受けてみると、回答に悩む問題がいくつかありました。悔しいので、次回受検時にはしっかり勉強します。


追記(2017-12-18)

個人カルテが届きました。総合得点率は88.9%で、前回の90.9%を下回る結果になってしまいました。敬語の取りこぼしが多かったので、次回は気をつけます。


追記(2018-02-07)

今回の合格により、日本語検定の委員会賞を受賞しました

日本語検定1級を受検した(5ヶ月ぶり2度目)

前回までのあらすじ


本題

三鷹の貸会議室・Three Eight Nine MITAKAで、日本語検定1級の試験を受けてきた。前回より易しかった気がする。

この試験、受けるなら今が狙い目なんじゃないかと思う。受検者数が少なく、受検者のレベルが、なんというかその、それほどでもないからだ。前回の受検者は682名で、合格者が63名だった。ぼくは成績が2位だったらしく、個人表彰の対象となった。ぼくが全国2位の試験なんて、まあありえない。

今回も受けたのは、どうせなら1位の文部科学大臣賞をゲットしたいからだ。しばらくは知名度の低いままであってほしい。

ちなみに東京西部の人には、三鷹で受けることを勧める。前回の西巣鴨に比べ、行くのがだいぶ楽だった。


追記(2017-12-09)

無事合格していました

プロフィール
知識欲と謎解き欲が旺盛なWebエンジニア。AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト。JAPAN MENSA会員
記事検索