FP技能検定

2級FP技能検定に一部合格した

9月11日に受けた2級FP技能検定の合格発表が本日あり、学科が不合格、実技(資産設計提案業務)が合格という結果だった。

自己採点では学科は35点で、合格基準の36点に1点足りなかった。いろんな試験の受け過ぎで、どんな問題が出たのかもはや覚えていないのだが、惜しかったことは確か。なので、来年1月の試験で完全合格をキメたい。


追記(2016-10-25)

日本FP協会から結果通知書が届いた。やはり学科は35点。実技は62点で、合格基準の60点を少しだけ上回っていた。あぶなっ。

3級FP技能検定に合格した

5月22日に受検した3級FP技能検定の合格発表日。無事合格していた。

ぼくが受けた日本FP協会の公式データによれば、合格率は学科試験が76.58%、実技試験が84.90%だったそうだ。資産設計の勉強になるし、わりと簡単に国家資格が手に入るし、一石二鳥三なすびですね。

3級FP技能検定を受検した

本日、3級FP技能検定を受検してきた。即日公開された模範解答で自己採点したところ、学科が49/60点、実技が75/100点と、どちらも合格ラインの6割はクリアできていそうだ。よかった。

勉強方法は、直近3回分の過去問を解いて、解説を読むのが主だった。過去問を解く前にテキストを買って学ぼうとはしたものの、どうにも気分が乗らない。性格的に、テストが好きなのだと思う。クイズとかパズルとかを解くのも大好きだ。

過去問は当初ちんぷんかんぷんだったが、結局はお金の話なので、解説を読み続けることでなんとなく理解できていった。「3級FP過去問解説(1級と2級も解説中!)〜ファイナンシャルプランナー資格の過去問を無料解説〜」の存在がありがたかった。

ここ数日はKindleで『FP3級 学科 一問一答問題集 2016年版』を読んでいた。類似の問題が本番で少なからず出たので、点数の底上げになった。


資格や検定試験をいろいろ受けてきて思うのは、国家資格を優先すべきだったということだ。民間資格に意味がないとはいわないが、たいして変わらない労力で名称独占資格が得られるのだったら、そのほうが僕にとっては価値が高い。43歳のプログラマで、そんじょそこらの人に負けない自信はあるものの、社会がそう評価し続けてくれるかどうかは分からない。家族を養うためならば何でもするし、何にでもなれるように他分野の勉強をしておくのは良いことだろう。2級も取ります。


追記(2016-06-29)

無事合格していた

プロフィール
知識欲と謎解き欲が旺盛なWebエンジニア。AWS認定ソリューションアーキテクト&デベロッパー(いずれもアソシエイト)。JAPAN MENSA会員
カテゴリ別アーカイブ
記事検索