世界遺産検定

世界遺産検定1級試験を受けはしました

国分寺の東京経済大学で、世界遺産検定1級の試験を受けてきました。が、残念ながら不合格だと思います。次回の試験は12月なので、そのときの合格を目指して勉強を続けます。

1級の出題範囲はすべての世界遺産、つまり1000件を超えています。合格するためには、その全部について特徴を把握しなければなりません。ぼくは社会科が苦手で、勉強のコツがいまだにつかめていません。どうしたらいいんでしょうね。しかも毎年、世界遺産が数十件ずつ増えていくという…。

過去問題集を買っていたことすら忘れてしまっていて、思い出したのがおとといでした。すぐに2017年7月と12月の2回分を解いてみたところ、どちらも4割ちょっとの正解率でした。今日の本試験でも、5割とれているかどうかも微妙です。ちなみに合格ラインは7割です。

世界遺産検定を受けようと思ったそもそものきっかけは、旅行会社に勤めているので、業務に役立つことがあるかもしれない、との思いからでした。まずは、勉強のコツをつかむことを目指します。

追記(2018-07-09)

公式解答が出たので自己採点した結果、200点満点中112点でした。正解率56%ということで、不合格ではあるものの、予想よりは良い結果でした。試験前日の一夜漬けの効果が少しはあったようです。次回の12月に向け、ちまちま勉強します。

世界遺産検定2級試験に合格しました

昨年12月17日に受けた世界遺産検定2級試験、公式サイトのマイページで合否が確認できるようになったので確認したところ、無事合格していました。認定証明書もダウンロードできました。

参考までに、「こんなふうに勉強していたらもう少しはかどったかも」という順番を記しておきます。

  1. 公式サイトの学習アシスト動画を観る
  2. 過去問題集を解いてみる(不足している知識がわかり、問題の傾向がつかめる)
  3. 公式テキストで勉強する

1級試験は7月に受ける予定です。その際には上記の順番で勉強しようと思っています。


追記(2018-01-31)

本日、結果通知が届きました。結果は自己採点どおりで77点。プラスチックカードの認定証も同封されていました。この認定証を持っていると、いくつかの施設が割引になるなどの特典があるそうです。こういう仕組みはうれしいですね。

世界遺産検定2級試験を受けました

世界遺産検定の2級試験を、上智大学の四谷キャンパスで受けてきました。合格の自信は7割ぐらいです。

受検したのは、旅行会社に勤めているからです。旅行にかかわる知識を深めておけば、いずれ役に立つかもしれないと思いました。

3級や4級から受ける手もあったのですが、公式サイトの2級の例題がそれほど難しくなかったので、2級からにしました。が、実際にはなかなか大変です。試験範囲が日本の世界遺産すべてと海外の世界遺産300件なので、記憶力に自信のないぼくには手ごわい内容でした。

正答は明日の正午に発表されるそうです。明晩、自己採点の結果をこの記事に追記します。


追記(2017-12-18)

自己採点の結果は77点でした。合格基準点は基本的に60点で、合格率が40%未満のときのみ、59点以下に調整されます。なので、本当に77点取れていれば、めでたく合格ということになります。合否の正式発表は1月17日です。

プロフィール
知識欲と謎解き欲が旺盛なWebエンジニア。AWS認定ソリューションアーキテクト&デベロッパー(いずれもアソシエイト)。JAPAN MENSA会員
カテゴリ別アーカイブ
記事検索