経営学検定

経営学検定(初級・中級)に合格した

昨年受検した経営学検定初級および中級の合格通知が届いた。自己採点通りの成績だった。

合格基準点と合格率は下記の通り。

検定区分合格基準点合格率
初級60点41.0%
中級120点36.4%

公式サイトによれば目安の合格基準は初級65点、中級130点だから、例年より難しかったのだろう。

中級に合格すると3年間、上級試験の受検資格が与えられる。たぶん受けないが、いちおう心に留めておく。

経営学検定(初級・中級)を受検した

12月6日、経営学検定の初級および中級試験を受けた。解答速報が10日に出ていたので自己採点したところ、初級:74点、中級第1分野:74点、中級第2分野:70点だった。いずれも合格基準の65点はクリアできていたようだ。

経営学検定を受けようと思ったのは、中小企業診断士試験の勉強を兼ねてのことであった。検定の公式サイトでも「経営学検定活用術」として「中小企業診断士資格取得の基礎学習」が挙げられている。実際には中級の過去問を1回分解いたのみで、ほぼ勉強できなかったのだが、そこまで難しい印象ではなかったので、そこそこの自信をもって試験に臨めた。このように中ボスを倒していく感覚、嫌いではない。


追記(2016-01-23)

無事合格していた

プロフィール
知識欲と謎解き欲が旺盛なWebエンジニア。AWS認定ソリューションアーキテクト&デベロッパー(いずれもアソシエイト)。JAPAN MENSA会員
カテゴリ別アーカイブ
記事検索