国家資格・検定(その他)

運行管理者(旅客)の基礎講習を修了した

12月16日から18日にかけ、運行管理者(旅客)の基礎講習を高井戸の杉並交通株式会社で受講しました。修了証書と運行管理者等指導講習手帳が無事もらえ、ほっとしています。

受講目的や講習内容などの詳細は後日Mediumに書きます。とりあえず今回の修了によって運行管理者試験の受験資格が得られました。来年3月の受験に向け、準備していきます。

追記(2019-12-26)

Mediumに書きました

ホテル・マネジメント技能検定の3級実技試験を受けた

ホテル・マネジメント技能検定の3級実技試験を、東海大学の高輪キャンパスで受けてきました。9月の学科試験には合格しており、もし実技試験に合格できたら、3級ホテル・マネジメント技能士を名乗れます。いわゆる名称独占の国家資格です。

実技といっても、試験は筆記のみでした。大問5問中2問は計算問題で、ひたすら電卓を叩く内容です。2級以上だと口述試験もあります。

合格の自信は7割程度です。過去問と似た問題はともかく、そうでない問題はホテルに勤務したことのないぼくには想像で答えるほかないものでした。部分点をどれだけ稼げているかが合否を分けるかもしれません。

合格発表は1ヶ月後くらいだそうです。それなりに期待しながら待つことにします。

追記(2019-12-27)

本日、合格者が発表され、無事合格していました。

ホテル・マネジメント技能検定の3級学科試験を受けた

ホテル・マネジメント技能検定の3級学科試験を、東海大学の高輪キャンパスで受けてきました。2019年3月に始まったばかりの国家試験で、今回で2度目の開催となります。試験の趣旨は、ホテル・マネジメントに関わる5つの能力、すなわち収益管理力、企画力、課題解決力、管理運営力、そして専門知識を問うものです。

ぼくは旅行業を営む企業に勤めるWeb開発者であり、ホテル・マネジメントに関わっているわけではありません。ただ、旅行にまつわる業務知識はあって損はなく、3級であれば実務経験なしに受検可能なため、受けてみることにしました。ちなみに2級以上は最低でも2年の実務経験がないと受検できません。

受検準備として、参考書と過去問題集を入手し、ひと通り勉強しました。といっても、参考書は46ページしかなく、さほど難しい内容ではありません。3月の3級学科試験の合格率は82%だったそうです。合格された方のなかには、勉強せずに受けた方も多くいらっしゃるのではないかと推測します。

今回の試験は前回より若干難しくなった印象でした。それでも、手ごたえとしては、おそらく合格できているのではないかと思います。合格発表は10月16日だそうです。

ただし、学科試験に合格しただけでは「3級ホテル・マネジメント技能士」は名乗れません。実技試験にも合格する必要があります。次回の実技試験は12月なので、そこで完全合格を目指します。


追記(2019-10-02)

正答が公開されていたので自己採点したところ、正答率84%でした。合格基準は60%以上なので、合格できていると思います。

追記(2019-10-16)

合格していました。

プロフィール
Web開発者。現在の関心事はシステム品質の改善(特に性能効率性と保守性)。JAPAN MENSA会員。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索