国家資格・検定(その他)

総合旅行業務取扱管理者試験を受けた(2年ぶり2度目)

東京ミッドタウンのカンファレンスルーム総合旅行業務取扱管理者試験を受けてきました。一昨年の試験で「海外旅行実務」に一部合格しており、国内旅行業務取扱管理者資格も取得済みなので、今回は「約款」のみの受験です。結果は、大原ユーキャンの解答速報では100点満点の82点でした。合格基準は60点なので、これで完全合格となりそうです。

勉強に使った教材は、大原の標準テキスト標準トレーニング問題集でした。2冊で3000円せず、安さで選んだのですが、正直、一昨年の初受験時に使ったユーキャンの速習レッスン過去問題集のほうが分かりやすく感じました。 初受験の方には、ユーキャンのほうをお勧めします。

加えて、5年分の過去問も解きました。資格マニアとしての経験上、どんな試験でも過去問を解きまくるのが合格の早道だと思っています。

ちなみに、ぼくの受験歴は下記のとおりです。昨年度の試験が中止になったのも、旅行会社を辞めたのも、まったく想定外のことでした。


追記(2020-11-20)

本日、合格証が届きました。

旅客の運行管理者試験を受けた

アルカディア市ヶ谷 私学会館というホテルで、旅客の運行管理者試験を受けてきました。公論出版さんの解答速報で自己採点した結果、25点でした。合格基準の18点を超えていたので、ひとまず安心しています。難度的には過去問より難しい印象でした。合格率は例年より低いのではないかと思います。

受験した理由をひとことで言えば「老後の不安を少しでも減らすため」です。くわしくは「運行管理者(旅客)の基礎講習を受講した」をご参照ください。

本来は3月に受ける予定だったのですが、新型コロナで中止になり、8月にずれてしまいました。ただ、時間ができたぶん、過去問をくり返して合格の自信が増したので、かえってよかった気もします。

勉強に使った本は『運行管理教科書 運行管理者〈旅客〉テキスト&問題集』と『運行管理者試験 問題と解説 旅客編 令和2年3月受験版』です。前者で知識を身につけ、後者で過去問を解きまくるスタイルがぼくには合っていました。

旅客だけでなく貨物のほうにも、いずれ挑戦したいと思っています。とはいえ、転職したばかりなので、来年以降の話ですね。

ちなみに試験後、ホテルのレストラン「フォッセ」でコースディナーをいただきました。日曜日かつ新型コロナの影響もあってか、貸切状態でした。春には桜並木が大きな窓から見られるようで、穴場なのではないかと思います。こんなふうに、知らない所にいろいろ寄り道するのも、資格マニアの楽しみのひとつなんですよ。

追記(2020-08-24)

運行管理者試験センターのサイトで正答が公開されました。解答速報には誤りがなかったようです。

追記(2020-09-18)

合格発表が本日あり、無事合格していました。合格発表から3ヵ月以内に運行管理者資格者証の交付を申請しなければならないので、そちらを進めていきます。

追記(2020-11-13)

運行管理者資格者証が届きました。こんなんなんぼあってもいいですからね。

運行管理者(旅客)の基礎講習を修了した

12月16日から18日にかけ、運行管理者(旅客)の基礎講習を高井戸の杉並交通株式会社で受講しました。修了証書と運行管理者等指導講習手帳が無事もらえ、ほっとしています。

受講目的や講習内容などの詳細は後日Mediumに書きます。とりあえず今回の修了によって運行管理者試験の受験資格が得られました。来年3月の受験に向け、準備していきます。

追記(2019-12-26)

Mediumに書きました

プロフィール

ITエンジニア。システムの性能効率性および保守性の向上が関心事。JAPAN MENSA会員。

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
ブログ内検索