国家資格・検定(その他)

ホテル・マネジメント技能検定の3級学科試験を受けた

ホテル・マネジメント技能検定の3級学科試験を、東海大学の高輪キャンパスで受けてきました。2019年3月に始まったばかりの国家試験で、今回で2度目の開催となります。試験の趣旨は、ホテル・マネジメントに関わる5つの能力、すなわち収益管理力、企画力、課題解決力、管理運営力、そして専門知識を問うものです。

ぼくは旅行業を営む企業に勤めるWeb開発者であり、ホテル・マネジメントに関わっているわけではありません。ただ、旅行にまつわる業務知識はあって損はなく、3級であれば実務経験なしに受検可能なため、受けてみることにしました。ちなみに2級以上は最低でも2年の実務経験がないと受検できません。

受検準備として、参考書と過去問題集を入手し、ひと通り勉強しました。といっても、参考書は46ページしかなく、さほど難しい内容ではありません。3月の3級学科試験の合格率は82%だったそうです。合格された方のなかには、勉強せずに受けた方も多くいらっしゃるのではないかと推測します。

今回の試験は前回より若干難しくなった印象でした。それでも、手ごたえとしては、おそらく合格できているのではないかと思います。合格発表は10月16日だそうです。

ただし、学科試験に合格しただけでは「3級ホテル・マネジメント技能士」は名乗れません。実技試験にも合格する必要があります。次回の実技試験は12月なので、そこで完全合格を目指します。


追記(2019-10-02)

正答が公開されていたので自己採点したところ、正答率84%でした。合格基準は60%以上なので、合格できていると思います。

追記(2019-10-16)

合格していました。

「二陸特」の試験を受けた

晴海3丁目の日本無線協会で二陸特、すなわち第二級陸上特殊無線技士の試験を受けてきました。

受験した理由
合格すると、消防設備士甲種(特類以外)の受験資格が得られるためです。アマチュア無線技士以外の無線従事者資格なら何でもよいのですが、試験の難度や無線の操作可能範囲を考えれば、二陸特がちょうどいい按配だったのです。
消防設備士甲種は、取っておけば老後に役立つかも、ぐらいな感じです。年金を当てにしてもアレらしいですし、40代のうちに打てる手は打っておこうと思っています。役に立たなくても、それはそれでよし。
勉強期間
1ヶ月半くらいでした。『やさしく学ぶ 第二級陸上特殊無線技士試験』を読み始めたのが4月23日。ただ、1ヶ月半は少し長すぎた気がします。1ヶ月くらいが適当だったかも。
上記テキストの他には『第二級陸上特殊無線技士試験問題集 (合格精選240題)』もやりました。この2冊で充分でしょう。
手ごたえ
合格の自信は90%くらいです。6月17日の正答発表後に自己採点します。

以下は受験者向けのメモです。

  • 東京駅から晴海埠頭行きのバスはガラガラだった。勝どき駅から受験地まで歩く人が多いのかも
  • 意外と受験者が多かった。たぶん数百人。遅く着くと廊下のベンチに座れない
  • めずらしく座席が自由だった。一般的な試験では受験番号順に席が決まっている
  • 問題用紙に表紙がないので、試験開始前からガン見して解き始めている人がいたような(ぼくは試験開始まで見なかったぞ!!)
  • 試験開始から30分で退出可能になる。ほとんどの人がさくっと退出した。ただし受験者が多かったため、窓側の人が優先。いちばん廊下側のぼくが退出できたのは開始から40分くらいだった

追記(2019-06-17)

正答が発表されたので自己採点したところ、合格基準を超えていました。法規が全問正解で60点、無線工学が1問ミスで55点でした。

合格発表日は7月4日だったと思います。試験前に説明があったのですが、正確な日付は忘れてしまいました。その日に結果通知が郵送で届くはずなので、あやふやな感じで待ちます。


追記(2019-07-04)

合格していました。昨日、日本無線協会のサイトに合格者が掲載されたようです。

危険物取扱者乙種第4類(乙4)試験を受けました

笹塚の消防試験研究センター中央試験センターで、危険物取扱者乙種第4類(乙4)試験を受けてきました。結果はまだ知らないのですが、たぶん合格しているんじゃないかと思います。

危険物に縁のないぼくが乙4を受けようと考えたのは、ITエンジニアとして食えなくなったときの保険を意図してのことでした。ぼくはいま45歳で、60代までITエンジニアとしてやっていきたいと思っています。ただ、やっていける自信はあるものの、世間がそう評価してくれるかどうかはわかりません。何が起きてもいいように、シニアでも食えそうな資格を少しづつそろえていくことに決めたのでした。

勉強を始めたのは昨2018年の年末です。1ヶ月ほどで、下記の2冊を1周ずつしました。


乙種4類危険物取扱者試験 平成30年版

公論出版 (2018-02-15)
売り上げランキング: 1,547


最初は覚えることの多さにたじろぎましたが、勉強を進めるうち、高校時代に習った化学の記憶がよみがえってきて、気分が乗ってきました。ガテン系に興味がなくても、理系の方なら楽しく学べる資格だと思います。勉強期間は2ヶ月くらいが適当かなと感じました。

もし受験される場合は、試験後に免状申請用の封筒が持ち帰れるので、大きめのバッグを持っていくとよいでしょう。ぼくは小さなバッグしか持っていかず、失敗しました。

試験地ではすでに合格者の受験番号が掲示されているはずです。が、ネットでの発表は明日の正午とのことです。首尾よく受かっていたら、他の乙種も、その先の甲種も狙ってみたいと思っています。


追記(2019-02-03)

無事合格していました。

追記(2019-03-05)

ちなみに、正答率は法令が93%、物理・科学が90%、性質・消火が100%でした。思ったより良かったです。

免状の申請は、締切前日の2月18日に笹塚で済ませました。交付日は今日3月5日なので、そろそろ郵送で届くと思います。

追記(2019-03-06)

免状が無事届きました。

プロフィール
Web開発者。現在の関心事はシステム品質の改善(特に性能効率性と保守性)。JAPAN MENSA会員。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索