国内旅行業務取扱管理者

国内旅行業務取扱管理者試験、今年は合格できそうです

明治学院大学の白金キャンパスで、国内旅行業務取扱管理者試験を受けてきました。ユーキャン大原の解答速報で自己採点した結果、旅行業法が92点、約款が84点でした。昨年合格した国内旅行実務と合わせ、これで完全合格となりそうです。

昨年より点数が伸びた要因は、勉強に割ける時間が増えたことと、一部免除により受験範囲が狭まったことにあると思っています。昨年は旅行業法が52点、約款が76点、国内旅行実務が68点でした。リモートワークにより通勤時間を減らせた分、昨年ダメだった旅行業法を中心にじっくり勉強できました。

勉強に使ったテキストは『2018年版 U-CANの国内・総合旅行業務取扱管理者 速習レッスン【改正旅行業法に対応! 】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)』です。この本だけで合格の自信が持てました。その上で『2018年版 U-CANの国内旅行業務取扱管理者 過去問題集【改正旅行業法に対応! 】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)』を買い、過去問題が解けるか確認した次第です。

そもそもの受験のきっかけは、旅行会社に転職したことでした。ITエンジニアであっても、業務知識が役立つ場面は多いと思っています。

総合旅行業務取扱管理者試験も、10月に受ける予定です。そちらは免除がない状態ですが、今年合格するにこしたことはないので、引き続き勉強を進めます。

国内旅行業務取扱管理者試験を受けた

東洋大学の白山キャンパスで、国内旅行業務取扱管理者試験を受けてきた。自己採点の結果は「旅行業法及びこれに基づく命令」が52点、「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」が76点、「国内旅行実務」が68点だった。合格基準は「全科目とも60点以上」なので、残念ながら不合格となりそうだ。

ただ、国内旅行実務がもし60点以上だったら、来年の試験では同科目が免除できる。JRの料金計算や、観光地に関する問題など、苦手意識のあった同科目が免除となれば、来年の受験に際しては気持ちがずいぶん楽になるはずだ。

この試験を受けようと思ったのは、旅行業を営む企業に転職したからだ。ぼくは今のところプログラマだから、旅行実務にあたることはないのだが、業務知識はあったほうが何かと役立つだろう。


追記(2017-10-27)

結果通知のハガキが届いた。自己採点どおり、国内旅行実務のみの一部合格だった。来年、リベンジします。

プロフィール
知識欲と謎解き欲が旺盛なWebエンジニア。AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト。JAPAN MENSA会員
記事検索