ドキュメント翻訳

Bootstrapドキュメントの日本語訳に着手したのは

Bootstrapドキュメントの日本語訳に着手しました。翻訳が完了したのはトップページのコンテンツのみです(ヘッダとフッタは未着手)。今は https://bootstrap-docs-ja.netlify.com/ で公開していますが、首尾よく進めば独自ドメインで運用するかもしれません。

着手したのは複数の理由によります。

  1. 継続的にメンテナンスされている日本語訳がなかったから
  2. OSSの翻訳の仕組みについて理解を深めたかったから
  3. 「鶏口牛後」を試してみようと思ったから

1. 継続的にメンテナンスされている日本語訳がなかったから

Bootstrapドキュメントには、継続的にメンテナンスされている日本語訳がありません。想像するに、翻訳者側が翻訳の仕組みを整えなければならないからだと思います。ドキュメントには下記のように書かれています。

We don’t help organize or host translations, we just link to them.

https://getbootstrap.com/docs/4.0/about/translations/

翻訳の組織化やホスティングにはコミットしないということですね。それ自体は開発者の判断によるものなので、良いも悪いもありません。

2. OSSの翻訳の仕組みについて理解を深めたかったから

このようなドキュメントに対して、継続的に日本語訳を提供するにはどういう仕組みを整えるべきなのか。その点に関心があります。

特定バージョンのドキュメントだけを訳せばよいのなら、力業でなんとかなりそうです。が、Bootstrap の開発が進めば、当然、ドキュメントも更新されていきます。

その点を踏まえて、下記の構成で翻訳を進めることにしました。

  • GitHubリポジトリ:Bootstrap のリポジトリをサブモジュールにしています。更新を取り込みやすくするのが目的です
  • Transifex:翻訳プラットフォームのひとつです。CLI で翻訳リソースを送受信できます
  • Netlify:コンテンツのホスティング先です。Jekyll でのビルドもしてくれるので便利です

Transifex も Netlify も、GitHub のブランチを指定して作業できます。なので、翻訳元が更新されても論理的には追いかけられるはずです。

本当にこの構成で日本語訳を継続的に提供できるのかどうか、作業を続けながら見極めていきたいと思っています。

3. 「鶏口牛後」を試してみようと思ったから

最近、まつもとゆきひろさんが若手ITエンジニア向けの講演会で「鶏口牛後を意識しよう」とおっしゃっているのを知りました。大集団の末端にいるよりは、小集団の長になろうということですね。

すでに若手でないぼくは、ずっと牛後を好んできたのですが、まつもとさんがおっしゃるからには、鶏口を試してみる価値はありそうだと思うようになりました。そんなとき、Bootstrap ドキュメント日本語訳に決定版がないことを知ったのです。「これは鶏口のチャンスだ!」と思いました。もろもろ整理できたら、翻訳に参加していただける方を募ろうと思っています。

といっても、PHP や Django のドキュメント翻訳をやめるわけではありません。人生は一度きり、気になったらあれこれ試してみるのが性分なのです。どれも実を結ばない可能性も大いにありますが、それもまた人生でしょう。

Django のドキュメント翻訳ツール(というか Transifex)の便利な点

翻訳プラットフォームサイトのTransifex を初めて使ってみました。文章単位で翻訳できるのが便利ですね。ページ全体を訳すのにくらべると、心理的なハードルがだいぶ低くなります。

Transifex を使ったのは、Django のドキュメントの翻訳に参加するためです。仕事で Django アプリを初めて書くことになり、ドキュメントを参照しながら実装を進めているうち、まだ日本語に訳されていない部分が結構あることに気づきました。現時点の翻訳率は30.4%です。貢献の余地が大きそうなので、参加することに決めました。

翻訳の方法は「TransifexでのDjangoドキュメント翻訳の進め方」で紹介されています。記事にあるとおり、翻訳したい文章を選んで対応する日本語文を書くだけで終了です。別に取り組んでいるPHPマニュアルの翻訳手順とくらべると、かなり簡単です。ちなみにPHPマニュアルの場合、XMLの実体参照が駆使されているため、ビルドしてみないと表示イメージを想像しにくいのが手間のかかる一因となっています。

Transifex の簡便さによるものか、Django ドキュメントの日本語翻訳チームには現時点で148名が参加しています。アクティブな参加者がどれだけいるかは調べていませんが、あの膨大なPHPマニュアルが21名ですから、多いことは間違いないでしょう。

今後も Django に限らず、お世話になっているプロダクトには何かしらの恩返しをするつもりです。翻訳まわりに重点的に取り組み、得られた知見をPHPマニュアル翻訳環境の改善につなげられれば理想的です。FIFAワールドカップの日本対ポーランド戦を観ながら、そんなことを思いました。

PHPマニュアルのビルドを試せるサイトが登場!(というか作りました)

docker-phd-ja のデモ環境を用意しました。あなたもPHPマニュアルのビルドを試してみませんか?

ソースファイルの編集、マニュアルのビルド、生成されたマニュアルの参照など、簡単にお試しいただけます。

注意事項

  • 非力なサーバなので、ビルドには時間がかかります(止まっていると思うかもしれません)
  • 複数ユーザの同時利用を考慮していないので、おかしな動作をする可能性があります
  • メンテナンス等で予告なく止まることがあります

あくまでデモ環境とお考えください。あきらかにバグの場合は、お知らせいただけるとありがたいです。

導入手順

ご自身の環境には、下記の手順で導入できます。

sudo docker pull iwamot/phd-ja
sudo docker create -it -p 8080:80 --name phd-ja iwamot/phd-ja  # ポートは任意です
sudo docker start phd-ja

関連リンク

プロフィール
知識欲と謎解き欲が旺盛なWebエンジニア。AWS認定ソリューションアーキテクト&デベロッパー(いずれもアソシエイト)。JAPAN MENSA会員
カテゴリ別アーカイブ
記事検索