国家資格・検定(IT系)

システムアーキテクト試験、ぎりぎりで合格しました

10月21日に受けたシステムアーキテクト試験、午後1が61点で足切り寸前でしたが、合格していました。午前1は免除、午前2は84点、午後2はAでした。

この試験は過去に2度受けており、いずれも午後1は90点台だったものの、午後2の論述式がBとCで不合格でした。今回合格できたのは、4月のプロジェクトマネージャ試験でつかんだ論述のコツのおかげだと思っています。

ただ、午後1の成績が悪かった点が心残りです。少しくらいは過去問に目を通しておくべきでした。来年4月に受ける予定のシステム監査技術者試験は、初受験でもあるので、しっかり準備して臨みます。

システムアーキテクト試験を受けました(3年ぶり3度目)

明治大学の和泉キャンパスで、システムアーキテクト試験を受けてきました。過去2度、午後2の論述で不合格になったのですが、今回は自分なりに満足な内容が書けたと思っています。三度目の正直で合格しているとうれしいです。

午前1は免除、午前2は自己採点で84点でした。午前2については、受験前の1週間で『情報処理教科書 高度試験午前I・II 2017年版』を復習しており、特に不安はありませんでした。同書に載っている過去問と同じ問題がいくつか出題されたので、その点でも助かりました。

午後1の選択問題は、ざっと見た感じ、4問とも難度には大差ない印象でした。選ぶのに時間をかけたくなかったので、順番どおり問1と問2を選択しました。2014年の受験時、また、2015年の受験時とくらべると少し難しく感じましたが、午後1とはなぜか相性が良いので、たぶん足切りは免れているのではないかと思います。事前勉強は特にしませんでした。

問題の午後2は、問1を選び、今年4月のプロジェクトマネージャ試験で功を奏した「10分でストーリーを考える」方法を用いました。幸い、プロジェクトマネージャ試験のときよりもすんなりストーリーを描くことができたので、あとは骨子に沿って筆を走らせるだけでした。試験開始から1時間45分、残り15分の時点で、これ以上の加筆修正は不要と判断して退室しました。苦手意識のあった論述式試験ですが、この10分ストーリー法がぼくには向いているようで、少しずつ払拭できつつある気がします。


追記(2018-12-21)

ぎりぎりで合格していました!

技術士の第二次試験を受けました(1年ぶり2度目)

東大の駒場キャンパスで、技術士の第二次試験を受けてきました。昨年は午前の択一式試験で足切りという結果だったのですが、今年は午後の記述式試験を採点してもらえる可能性がなきにしもあらずな感じです。

技術士は名称独占の国家資格で、機械部門、船舶・海洋部門、航空・宇宙部門といった21の部門に分かれています。ぼくが受けている情報工学部門は、さらにコンピュータ工学、ソフトウェア工学、情報システム・データ工学、情報ネットワークの4つの選択科目に分かれています。ぼくは昨年と同じくソフトウェア工学を選びました。

午前試験は昨年よりは易しい印象でした。JESの解答速報を信じるなら、ぎりぎり突破していそうです。

午後試験は時間的にかなり余裕をもって解答できました。12時半からの科目IIは30分残し、15時からの科目IIIは1時間残しで筆を置きました。とくに後者は「技術的負債」と「OSS」に関する2問のうち1問を選んで答えるもので、どちらを選んでもそれなりにスラスラ書けそうな内容でした。ちなみにぼくはOSSを選びました。早く終えても途中退室はできないのですが、10時から17時までと長丁場の試験なため、少しでも休めるときに休んだほうがよいと思い、スピードを重視することにしました。(単に夏バテ気味で疲れているのかも…)

もし合格していたら、次は口頭試験となります。緊張しやすい性格なので、まだ結果も分からないのにソワソワしています。


追記(2018-07-23)

択一式試験の正答が公開されたので自己採点したところ、15問中11問が正解でした。合格基準の9問を超えているため、足切りは免れたようです。午後試験を含んだ合格発表は10月30日です。


追記(2018-10-30)

残念ながら不合格でした。去年は情報工学部門の第二次試験受験者が540名、合格者が39名、合格率が7%だったそうです。すぐれた論文が書けないとダメなんでしょうね。来年も受けるつもりではいますが「合格したら儲けもの」ぐらいの気持ちで臨みます。

プロフィール
Webエンジニア@ベルトラ株式会社
カテゴリ別アーカイブ
記事検索