転職

AWSジャパンに転職します🥂

8月から、アマゾンウェブサービスジャパン株式会社で働くことになりました。憧れの企業だったので、入社決定から1か月ほど経っても、まだ不思議な気分です。

職種はクラウドサポートアソシエイトです。ソリューションアーキテクトと迷ったのですが、サポート業務の経験があることと、常時リモート勤務が可能なことから、サポートに応募しました。

今日は現職、ベルトラ株式会社での最終出勤日。優秀な方々に囲まれ、充実した3年半でした。AWSの面接でアピールした実績のほとんどは、ベルトラで積んだものです。関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

明日から勤務初日までの半月ほど、羽を伸ばします。まずは、いつも支えてくれている妻と祝杯をあげる予定です。


以下、AWSへの応募を考えている方向けのメモです。

面接対策に読んだ本

やっておいてよかったこと

アピールした実績の例

  • NewRelicを導入し、サイトのパフォーマンスを可視化した。また、チューニングをほどこし、平均応答速度を半分未満に改善させた
  • 検索システムを内製化し、運用コストを6分の1に減らした
  • 続けるメリットの低いプロジェクトの中止を、外部から進言した
  • メール到達率をKibanaで可視化した。また、送信エラーの原因を修正し、到達率を0.5%向上させた
  • 重要なメールの送信エラーを検知し、Slackに通知する仕組みを作った。それにより、能動的なサポートが可能となった
  • 大量ページを対象とするA/Bテストの仕組みを整備した
  • マイクロサービスのインフラを、未経験のサービス(ECS/Fargate および GitHub Actions)で構築した
  • マイクロサービスの一部を、未経験のプログラミング言語(Go)で実装した(以上、ベルトラ株式会社)
  • 営業担当者向けの集計処理を、Slackコマンドで実行できるようにした(株式会社マーズフラッグ)
  • サイトリニューアルのシステム側を、手を動かしつつ仕切った(ビューティーナビ株式会社)

転職した(1年ぶり10社目)

2月1日に初出勤。現行システムのキャッチアップを進めているところ。未経験の分野である決済まわりが興味深い。

今回の会社では、他のエンジニアへのアドバイザ的な役割を期待されているので、早くそうなれるよう精進したい。

メイン言語はPHP。前前前職での経験が活かせるだろう。前前職でのB2Cの経験、前職での検索処理の経験も有効なはずだ。いろいろやってきてよかった。

転職しました(再)

1月4日に初出勤。本日13日に初コミット。昨年同様、文言修正レベルだけれど、これでようやく会社の一員になれたような気がする。

昨年に比べ、コミットまで時間がかかってしまったのは、各部署のオリエンテーションや、携わるシステムの説明を丁寧にしていただいたからだ。会社に溶け込みやすいよう、とても気をつかっていただいていると感じる。ありがたいことである。

開発環境としてご用意いただいたのは、AWS上のCentOS。GitHubのプライベートリポジトリからソースをチェックアウトし、ブランチを切って、PHPのテンプレートを修正した。今後はRailsやNode.jsを使ったシステムにも携わることになりそうだ。

Web系のエンジニアになってから15年、これで5社目となるのだが、今回の会社がもっとも技術力が高いと感じている。しかも配属先が研究開発部門であるから、求められるアウトプットは相当なレベルだろう。当然プレッシャーではあるが、このような環境で働けるのは、エンジニア冥利につきるというものである。今年も頑張ります。

プロフィール
クラウドサポートアソシエイト at AWSジャパン(試用期間中)/リリースチェッカー運営(https://a.noare.net/)/情報処理技術者試験マニア(https://didit.iwamot.com/iwamot)/JAPAN MENSA会員/投稿は所属先の見解ではありません。文責は個人にあります
カテゴリ別アーカイブ
記事検索